ポリフェノールの基本的な知識について

■ポリフェノールとは?

ポリフェノールは、生き物には存在しない植物特有の生体元でフラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、アントシアニンキトサン、ロズマリン酸、クルクミン等の物の総称です。

光合成にて見込める植物の色素や苦み元で植物細胞の産出や活性化を支える効果があり自然には5,000部門上記存在すると言われています。思い切り様々な植物においてあり、それぞれのポリフェノールの種類によっても作用・役目は様々です。

またポリフェノールは、サッカリドの一部が変形したもので葉や花にも含まれているんだそうです。

ポリフェノールは光合成の道筋、UV等により起こる活性酸素から植物自身が自らの命を過酷な大自然の時局から続ける生体防御物です。

分かるタイミングをあげますという、ぶどうの、果肉がかなりみずみずしい理由はぶどうの皮に含まれるポリフェノールのお陰なんですよ!

すごい有力リアクションを持つ元だって事が感じられますよね♪

また、当方人間の体内で始終起こっている「酸化」にてもたらされた害を防ぐ働きがあることが確認されています。

酸化は、丁度老化そのものです。何としても退化は遅らせたいものですね。美肌・ボディボディーを保つのにも!一年中を面白く通じるためにも!

日々の幸せで・楽しい生計があなたの「明るく豊かなネクストジェネレーションへ」って繋がって行きますね。

■ポリフェノールの言い方・ポリフェノールを含む根源の作用・役目は?

レスベラトロール・・・赤ワイン・サンタベリー・アーモンドピーナッツの皮・ぶどう 抗酸化作用・美肌・ボディ進出・がん防止・ED改革等

ピクノジェノール・・・・フランス海岸松樹皮中枢から抽出されます主にサプリ処分 非常に有力抗酸化作用!そのリアクションはビタミンCのおよそ340ダブル、ビタミンE170ダブルと言われているあたり

イソフラボン・・・大豆メニュー 更年期障害防止・骨粗鬆症防止・牛乳出稿作用・美肌作用等

カカオマスポリフェノール・・・チョコレート・ココア 痩身作用・挑発節減・虫歯防止・お腹異変・アレルギーの緩

エラグ酸・・・ザクロ・ラズベリー・いちご 美肌・美白作用・がん防止作用

カテキン・・・緑茶・紅茶・烏龍茶 抗酸化作用・消臭リアクション・がん防止・ふくよか防止・血中コレステロール値打ちの調整

クロロゲン酸・・・コーヒー耳より 血糖値打ちの暴騰を防ぐ作用・がん防止

ルチン・・・蕎麦 高血圧防止・血管を丈夫に講じる作用

アントシアニン・・・ブルーベリー・ビルベリー 眼精疲労全快・視力全快

クルクミン・・・ウコン・ショウガ 抗酸化作用・二日酔い予防・肝作用進展作用

ロズマリン酸・・・シソ科の植物やローズマリー 抗アレルギーリアクション・糖の会得を妨げる作用

キトサン・・・カニやエビの皮や甲羅 抗コレステロールリアクション

ケルセチン・・・玉ねぎの皮・レタス・ブロッコリー等々 抗炎症リアクション・がん防止・抗アレルギーリアクション

タンニン・・・赤ワイン・麦茶・コーヒー・紅茶・ほうじ茶 血中コレステロールの調整

フラボノール・・・玉ねぎ・りんご・ほうれん草 心臓病魔防止・抗酸化作用・動脈硬直防止

海藻ポリフェノール・・・海藻チック 毒の回避

ナリンゲニンカルコン・・・トマト特有のポリフェノール 抗アレルギーリアクション

プロシアニジン・・・紅茶・リンゴ・ぶどう 抗酸化作用

等・・・だ。

■ポリフェノールの効果的なとりクライアントの手掛かり
標準バージョン「ポリフェノール」の効果的な摂取方法は?

ポリフェノールは、水溶性の為水に蕩けるので、摂取してからかなりの速効効果があるのですが、ポリフェノールのGET時間は約3タイミング~4タイミングしか作用がGETせず、体内に蓄積もされません。

ですので、丸々摂るのではなく小まめに食することが効果的なんです。

おやつ時刻に本当は、コーヒー&チョコレートなんて調整は大いにいち押しなんですよ!

■ポリフェノールは、ビタミンチックと共に取るとシナジーが期待できる?

さすが、食も分散が大切ですね。ポリフェノールだけでもその効果は凄いのですが!ビタミンチックと取る事で却って作用が期待されます。

また、ビタミンチックと共に食べる事によってポリフェノールの会得比率がUPするんです。

■ビタミンA・・・主に眼や・皮膚の粘膜・ヘアーの健康維持に必須なビタミンだ。

鶏のレバー・人参・ほうれん草においておる元だ。

■ビタミンC・・・ビタミンCには細胞の退化を防いでくれる効果が期待できます。過剰摂取って事は起こらないので始終意識して取りましょう♪

レモン・キウイ・オレンジ・イチゴ・ブロッコリーに数多く含まれています。ゴールドキウイはビタミンC調合量が著しいんですって!

■ビタミンE・・・酸化予防作用、つまり若返り作用が期待出来る元だ。

アーモンド・かぼちゃ・クルミ・ナッツチック等に手広く含まれています。

■PMSにはルナベリーで決まり■

PMSでお悩みの人も多いと思います。ゼリア新薬から医薬品として出ているプレフェミン。そこそこ、人気みたいですよねっ☆彡

医薬品は手に入りにくい部分がありますが、それがサプリメントではどうでしょうか?

簡単に手に入る、PMS対策食品(サプリメントは食品です)があれば、是非試したくなりませんか?

サプリメントである、「ルナベリー」知らない方は、こちらから見てみてください。

ルナベリー

■カカオマスポリフェノールの雑学

カカオマスポリフェノールは、カカオ耳よりの皮をとってローストしてすりつぶしたものが【カカオマス】だ。

勿論カカオマスの処分品であるチョコレートやココアにも含まれています。ただし、ホワイトのホワイトチョコレートには含まれていません!

カカオマスポリフェノールの作用・役目としては、挑発の節減・脂肪を燃焼させることができるので痩身作用・血行促進リアクションによる冷え性改革作用・発がん性調整リアクション・免疫出稿作用・動脈硬直防止作用・虫歯防止作用・ピロリ桿菌調整作用・アレルギーフィードバック調整作用・コレステロール値打ち調整作用・悪玉コレステロール発生の調整作用等、多くの作用・効能が期待できるスーパーポリフェノールなんですよ。

美味しくて・ボディ、ビューティーにも可愛いなんて最高ですね!
そういえば、スナックでチョコレート作用や・挑発節減のギャバ入りのチョコレート・乳酸菌がとれるチョコレート売っていますよね ♪

ただし、何でも食する量はほどほどにね(^_-)-☆

めったに甘ずぎないチョコレートダークチョコは、痩身作用が一段と期待できるそうですね!